ワタクシ(九州支部長)が4年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

お好み焼き問題

夏の温泉は暑いので
出る時にシャワーで25℃くらいの水を浴びて出る
ワタクシ(九州支部長)です。


お好み焼きでお腹を壊すという人が身近にいました。
低フォドマップ食的には
お好み焼きは大きな問題をはらんでいます。


まず、生地に使う小麦粉が第一の問題。


次に具に使うキャベツが第二の問題


そしてなんといっても味付けのソースが第三の問題です。


ソース問題については調査しています。




低フォドお好み焼きについては
レシピ提案があります。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。