【本ブログは「#低フォドマップ食 Ⓡ」商標使用認定を受けています】ワタクシ(九州支部長)が何年も実践している  #宇野良治 の低フォドマップ食の効果 #乳酸菌と食物繊維が腸を壊す #IBS

ワタクシ(九州支部長)は無償で活動していますが、収益が発生する活動には商標権者に対しロイヤリティを支払う契約となっています。

低FODMAPと外食(うなぎ)

参考文献

過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
Office Uno Column



ワタクシ(九州支部長)は
低フォドマップ食を求めて東へ西へ北へ南へ。


先日は大分県別府市でランチ


うなぎです。


本格的うなぎ店ではない場合、
うなぎのタレが市販品の場合があります。


近所のスーパーで市販のうなぎのタレを調査したところ
ほとんどに高フォドマップが含まれていました。


タレうなぎは気をつけましょう。


うなぎは白焼きに
ソルビトール無しの本わさびと少量の醤油で食べましょう。


その方がツウっぽく見られます。


ちなみに今回の味噌汁は
玉ねぎでしたので
高フォドマップOKの妻に食べてもらいました。


味噌汁一杯くらいではワタクシ(九州支部長)は症状はでませんが(ガス程度)
玉ねぎが加わると話は別です。


以前は、血液サラサラになるとかで
たくさんたべていました。


もう二年食べてないですが
血液検査は正常です。


ランチ後、症状は出ませんでしたが
高フォドマップが含まれてなかったかは不明です。


その場合は、低フォドマップ食を徹底するなど
食事内容を管理しています。



×

非ログインユーザーとして返信する