ワタクシ(九州支部長)が5年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

パンで下痢 追記あり

少数である不安
を乗り越えれば
理論的に正しいことは正しい
という事が明確に見えてくる
ワタクシ(九州支部長)です。


信条として
大勢に従うのは間違いが多い
と言うのがある。



カンパーニュ系大好きです
このところイマイチスカッと下痢できなかったですが
カンパーニュ5枚スライス(オリーブオイルたっぷりつけて)
カンパーニュ(干しブドウ)5枚スライス
酸化マグネシウム2000
大建中湯
で2,3時間後にスカッと。



いつもは酸化マグネシウムのんで
12時間後なので
しかもスカッとしないので連投を余儀なくされる
酸化マグネシウムも3連(以上)休前限定とはいえ
そんなに飲みたくもない


パン10枚が効果的だったか?
パン10枚は、まあまあの量だな~


ラーメン食っちゃおうかな~


スカッとして就寝
翌朝、さらにやや軟


確認のためその晩に低フォド+酸化マグネシウム飲んでみたら
翌朝12時間後に普通のやつ


つまり
1日目夜にパンと酸化マグネシウム、大建中湯
3時間後に下痢
翌朝軟便
2日目夜酸化マグネシウム低フォド
翌朝普通便



大腸検査の前処置をすると
数日排便がないので
ワタクシ(九州支部長)の場合
高フォド、酸化マグネシウムの下痢は
本当のリセットにはなっていません。
かえって高フォド反応菌を増やしているかもしれません


腸内リセットについては
書籍をご覧ください。
















×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。