ワタクシ(九州支部長)が5年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

九州から揚げ(高フォドの場合が多いです!)

財布に札が入っていない
ワタクシ(九州支部長)です。
ポケットにコーヒー代100円入れてます。


九州の小学生の唇はから揚げの油でピカピカです(都市伝説)
かくいうワタクシ(九州支部長)も
おそらく体の80%はから揚げで育ったといっても過言ではないほど
から揚げを食べまくっていました。
唇はピカピカ通り越して、ヌルヌルでした。


朝食は前の日の残りのから揚げ
小学校の給食ではから揚げのおかわりを巡って血みどろの争い
中高でもっていく弁当は濃いめの味付けのから揚げ
夜もから揚げ
たまの外食もから揚げ
学食もから揚げ
大人になってからもツマミはから揚げ
おじさんになってからもナンコツのから揚げ
一時期、チキン南蛮に浮気したこともありましたが
やはりから揚げに戻ります。


低フォド実践中の現在も
時々、から揚げを食べます。
1食食べたくらいでは屁でもないので(屁は出ますが)
もしかすると、から揚げを食べるために
日頃低フォドマップをしてるんじゃないかと思うくらいです。


から揚げの場合、低フォド的にいうと
衣の小麦、味付けのにんにく、その他(リンゴや香辛料)がNG食材です。
ただ、案外、小麦を使わず片栗粉を衣に使用しているお店も多いです。
ニンニク不使用のから揚げを作っているところもあります。
ただ、その両方を満たしているお店があるかは不明です。
小麦と片栗のハイブリッドの店
素揚げと言う店もあります
米粉を使っているケースもあります。


家庭で作る場合も片栗派の家庭は多いと思います。



小麦、にんにくNGの人は
ご自宅で
竜田揚げ
あるいは
片栗、生姜、こしょう、その他低フォドスパイスで
から揚げをつくるのが無難です。
低フォドライフが進んできたら
インフューズドオイルなども試しても良いかもしれません。




から揚げ万歳。いつの日か低フォドマップ食と融合を!




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。