ワタクシ(九州支部長)が4年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

ぽんず 低フォドマップ?かな?

鍋好きなワタクシ(九州支部長)のポン酢消費量は途方もありません。
九州ではコンビニで肉まん買うと
デフォルトでポン酢とカラシが付きます。
もう、何年も食べてないけど・・・

多分、ワタクシ(九州支部長)だけでなく
多くの九州の方々が
ポン酢を愛してやまないと確信しています。


某大手のポン酢は果糖ブドウ糖液糖が入ってましたので
やだなー
って使っていました。
入ってないやつもあるけど、ちょっと高いんですね。


IBSの対策である低フォドマップ食に鍋を推奨している
ワタクシ(九州支部長)ですが
ポン酢の調査をコロッと忘れていました。



ドン・キホーテでみつけた。

138円くらいだったか?
激安。

リスクは発酵調味料・・・
ゲ!
酵母エキスはいってるじゃないの!!


がぶ飲みするわけではないけども・・・
安さに興奮して見落としをしてしまったワタクシ(九州支部長)です。
リスクの少ないポン酢(安いやつ)を今後も探します。


以前は自分で作っていたので
作ってもいいかなとも思います。


詳細は以下参考文献でご確認下さい。

過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
Office Uno Column




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。