【本ブログは「#低フォドマップ食 Ⓡ」商標使用認定を受けています】ワタクシ(九州支部長)が何年も実践している  #宇野良治 の低フォドマップ食の効果 #乳酸菌と食物繊維が腸を壊す #IBS

ワタクシ(九州支部長)は無償で活動していますが、収益が発生する活動には商標権者に対しロイヤリティを支払う契約となっています。

低FODMAP情報(米粉クッキー)

大分県玖珠町
道の駅慈音の滝でトイレ休憩中みつけました。

米粉クッキーです。

マーガリンは△
ココアは乳糖不使用なら○


マーガリンをバターか植物油に変えて
ココアの詳細が分かれば
低フォドマップ食です。



この商品は地元の障害者施設が製造販売しているものです。


ワタクシ(九州支部長)は
低フォドマップ食普及の一翼に
障害者施設が絡んでくるのでは?
また、賃金アップにも
低フォドマップ食販売が
貢献するのではないか?
と考えています。
障害者施設のポテンシャルは高いです。


一般企業が介入していない領域です。
九州の障害者施設の経営者のみなさん。
いかがでしょうか?


九州沖縄の人口が1500万人とすれば
IBS人口は200万人。


200万人が顧客です。



×

非ログインユーザーとして返信する