ワタクシ(九州支部長)が長いこと実践している  #宇野良治 の「#低フォドマップ食 」(商標登録)の効果 #低FODMAP食 #過敏性腸症候群 #低発酵食

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある 宇野良治の「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

アイスバー マリンレモン

幼少期よりアイスクリームを好まなかった
ワタクシ(九州支部長)です
ミルクがそもそも苦手なのですよ。
なので、どちらかというとシャーベット系でサッパリが好き。


ということで、出かけ先でアイスを食べることは無く
シャーベットも低フォドフィルターではじかれるので、どんなに暑くても食べなかったのですが


以前から気になっていた、葛を使ったアイスバーを食べてみました
(最近、全国的に多いですね)


購入時は「葛を使った」という点はわからなかったのですが
見た目が違うので、「たぶん葛を使ったやつだな」とピンと来たのと
レモンを使っているという点で
低フォドの可能性を感じたのでチャレンジ。


とてもおいしい。


まず、食感が「やわシャリ」で癖になる
次にレモンの風味が来てサッパリ
あとからリンゴジュース風味が来るので、低フォドではないと感じたものの
休みだったから、果敢に食べる。


きになったので
帰宅後原材料をチェック
確かにリンゴ果汁が入っていました。



液糖については
頼りにならない、文科省のページで記載あり。


リンゴ果汁にはぎりぎり反応せず(前日リセットかけてたこともあり)


フォドマッパーはチャレンジ期にどうぞ。


夏に作っちゃいますよ。


と思ったけど
気になって調べたら
葛≒甘藷澱粉
という事が多いらしい


葛を使ったアイスバーも
本葛か否かというところは気になる


九州だと

秋月かなあ。葛と言えば。




×

非ログインユーザーとして返信する