【本ブログは「#低フォドマップ食 Ⓡ」商標使用認定を受けています】ワタクシ(九州支部長)が長いこと実践している  #宇野良治 の効果 #乳酸菌と食物繊維が腸を壊す #過敏性腸症候群 #低発酵食

ワタクシ(九州支部長)は無償で活動していますが、収益が発生する活動には商標権者に対しロイヤリティを支払う契約となっています。

おこめん 

虫も殺せぬ
ワタクシ(九州支部長)です。


おこめんだそうな。


これかな?

原材料はシンプルみたい
だけど
グルコマンナンが入っている?


これを入れるのは
カロリーを抑えるから?
食感?


いずれにしてもチャレンジ期の食材だけど


グルテンフリーや
米粉消費拡大!

色々な人が頑張れば
こういう商品が生まれてくるのですね。


調べると
おこめんは
こちらの会社の商標だそうで


JA周桑は同社に委託して100%周桑産ヒノヒカリを使った「周ちゃんのおこめん」を製造しているとのこと


こちらの会社は
米粉とでんぷんを主体としていて
何故、米粉100%に拘らないかの旨、ホームページに記載しています。
当初はトレハ、小麦などを使用していたことなども載っています。
非常に共感を持てます。


低フォドマップ食の完全普及が先
と考えていた
ワタクシ(九州支部長)も考えを改めなければなりません。



おそらく、こちらに委託すれば色々な米粉麺ができるようで
地域の特産品や廃棄予定の野菜なども麺に練りこむといった実績があるようです。



ということは
米粉とでんぷん、ホワイトソルガム
などで完全低フォド麺も夢ではない
のではないでしょうか!!!
小麦は使わないという事なのでスペルト小麦米粉麺はかなわないでしょうが。


ホームページ内に同社製品の原材料が記載されていないので
JA周桑と同じくグルコマンナンが入っているかはわかりませんが
完全低フォド麺に希望の光が見えて来たかもです。



×

非ログインユーザーとして返信する