ワタクシ(九州支部長)が4年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

低FODMAP食情報(メーカーへの問い合わせ)

日本の食品。特に加工品には低FODMAP食と呼べるものはなかなかないです。
ワタクシ(九州支部長)は常に低FODMAP食を探し回っています。
先日、あるメーカーのある加工品が低FODMAP食という情報を得、
近所のスーパー数か所を探し回りましたが見つからなかったので、近隣スーパー、もしくは九州管内で取り扱いのある店舗がないかメーカーへ問い合わせをしました。


残念ながら近所の店には扱いがありませんでした。
が、メーカーさんの対応はとても良かったです。


今後も低FODMAP食の情報を得たら、メーカーに問い合わせをしようと思っています。

低FODMAP情報


IBSはアレルギーじゃないんですね。


IBSの原因は
FODMAPを含む食品です。


FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)
Oligosaccharides(オリゴ糖)
Disaccharides (二糖類)
Monosaccharaides (単糖類)
A nd
Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。


過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。


参考文献

低FODMAP食と果物(バナナ)

バナナは黒くなったら(シュガースポットが出たら)低FODMAP。


果物類は食べるものが限られるから


貴重な存在。


でも、あんまりシュガースポットが出ると


痛んでる・・というか痛む状態に向かっているという感じがして


ワタクシ(九州支部長)はちょっと苦手です。


と思っていたら


「三尺バナナ」


なるものが、地域の農産物直売所に売っていた。


こいつは「黒く熟してから食べる」バナナだそうです。


そもそも、黒くなってから食べる


と決められていれば、それに従うしかないので


苦手意識が薄らぎますね。


購入して、台所にほったらかし。


追熟すること1か月。(長!)



真っ黒。


1本だけ真っ黒になりました。


しかし、黒すぎて


食べたらお腹壊しそうなのでワタクシ(九州支部長)は怖い・・


ということで、高FODMAPも平気な愛妻に
試食してもらう。
皮剥いたら普通



実は、皮が真っ黒なのに
一般的なバナナの黄色い状態の物より硬く
甘味はさっぱりで美味しいとのことで
(ネット情報によると、甘味は濃厚とあるので
もっと追熟させた方が良いのか?????)
5ミリほどスライスして
食べてみる。


たしかにおいしい。


でも心配なのは
皮が真っ黒になっても
中身は普通だから
一般的なバナナと同じように
熟したら低FODMAPになっているのかどうか
わかんないことです。


低FODMAP食
まだまだ未知の食材が多く
探求心がくすぐられます。


このバナナの実践は昨年のものです。
購入したのは
大分県中津道の駅です。(今行っても三尺バナナがあるかはわかりません)


参考文献



低FODMAPと家計(野菜の高騰)

低FODMAP食材(野菜)の代表格に
レタスがあります。
ワタクシ(九州支部長)宅では
レタスのサラダが定番です。
しかし、ここ最近、野菜が高騰し、
レタスは1個300円もします。
こうなると
低FODMAPを実践している身としては大変です。


個人的にはちょっとくらい野菜は取らなくてもいいし
なんやかんや言っても300円くらいなんで
高FODMAP食品とっていたころのスイーツ代などと比べれば
大したことないとも思うのですが



そうはいっても家計管理は重要なので
ルッコラのベビーリーフや水菜、きゅうりなどで代替しています
リーフレタスやロメインレタス、サラダ菜などがレタスより安いときもあります。
大根も高いですね。最近。
トマト、ミニトマトも欠かせませんが、ホールトマトやトマトジュースにすることもあります。
「これは低FODMAPだろうな」と思っていた野菜が
実は高FODMAPだったという事もあるので
確認は常に必要です。


参考文献



低FODMAP食と家族の協力

低FODMAP食生活の維持には
家族の協力が不可欠です。


低FODMAP食は、様々な制限がありますが、
それによって食生活が貧相なものになったり、高FODMAP食でも大丈夫な家族が、低FODMAP食に不満を感じたりしては、維持ができません。
ワタクシ(九州支部長)の場合、低FODMAP食でも家族も満足な食生活を目指します。


例えばハンバーグ。
通常は玉ねぎやパン粉、牛乳などを使うのでNGなのですが、
我が家では
パン粉は米粉パン
牛乳はライスミルク
玉ねぎはもやし
に変えて作っています。
もやしは厳密には低FODMAPではありませんので、場合によっては避けた方が良いかもしれません。
ライスミルクも高FODMAPですが、一応OKにしています。
一般のハンバーグより成形がしにくいようです。


ソースはホールトマトを使って作ります。
市販のソース類は高FODMAPなので使用しません。


市販の固形ブイヨンには、乳糖や玉ねぎが入っているので、ソースでハンバーグを煮込んでソースに肉の味を移す煮込みハンバーグにします。


このレシピは、まだFODMAPが何なのか分からないころに模索に模索を重ねて、妻が考えてくれました。
当初はもやし、ライスミルクはOK食材に分類していたので、このレシピです。
ワタクシ(九州支部長)はモヤシ適量、ライスミルクは症状は出にくいので、このレシピでOKです。
ライスミルクは入れなくてもいいかもしれません。(成形しやすくなるかも)
ちなみに妻は高FODMAP食でも全く問題が無い人です。
そういう人がすぐお腹を壊す人の料理を考えるということは、相当の努力と想像力が必要です。
感謝しかありません。



市販のブイヨンに低FODMAPなものが見つからないのが、悩みの種です。
海外にはあるようです。




参考文献


巻末の索引と
高FODMAP、低FODMAPの食材一覧が
大変役に立ちます。