ワタクシ(九州支部長)が4年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

低FODMAPと外食(うなぎ)

参考文献

過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
Office Uno Column



ワタクシ(九州支部長)は
低フォドマップ食を求めて東へ西へ北へ南へ。


先日は大分県別府市でランチ


うなぎです。


本格的うなぎ店ではない場合、
うなぎのタレが市販品の場合があります。


近所のスーパーで市販のうなぎのタレを調査したところ
ほとんどに高フォドマップが含まれていました。


タレうなぎは気をつけましょう。


うなぎは白焼きに
ソルビトール無しの本わさびと少量の醤油で食べましょう。


その方がツウっぽく見られます。


ちなみに今回の味噌汁は
玉ねぎでしたので
高フォドマップOKの妻に食べてもらいました。


味噌汁一杯くらいではワタクシ(九州支部長)は症状はでませんが(ガス程度)
玉ねぎが加わると話は別です。


以前は、血液サラサラになるとかで
たくさんたべていました。


もう二年食べてないですが
血液検査は正常です。


ランチ後、症状は出ませんでしたが
高フォドマップが含まれてなかったかは不明です。


その場合は、低フォドマップ食を徹底するなど
食事内容を管理しています。