ワタクシ(九州支部長)が4年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

もーちを愛するひとは
こーころ清き人~。
ワタクシ(九州支部長)です。


もちは低フォドです。
のりやつけダレの成分にご注意。


ニンニク、玉ねぎ問題

夢は低フォドマップ食バスツアー(診察も含む)
ワタクシ(九州支部長)です。
1泊目 低フォドマップ食他胃腸のための健康講座
2泊目 高フォドマップの夕べ
3日目朝 大腸カメラの準備、各自部屋で下剤
3日目午前 大腸検査 午後 個別診察 
3日目夜 低フォドマップの夕べ




でた!Asafoetida
たべてみたいけど。


導入期は厳格に!!!!

どん兵衛釜めし

小田和正の曲は1音下げて歌う
ワタクシ(九州支部長)です。
backnumberは半音下げます。



時々、インスタント食品を食べたくなります。



原材料:ライス(米(国産))、加工油脂、食塩、味付けの素(魚介エキス、食塩、醤油、豚脂、魚粉、ルー昆布エキス、砂糖、魚介調味油、香辛料、昆布パウダー)、味付油揚げ、味付鶏肉、かまぼこ、人参、味付椎茸、ねぎ、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、リン酸塩(Na)、カラメル色素、香料、パプリカ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、ベニコウジ色素、(原材料の一部に乳成分、小麦、さば、ゼラチンを含む)


ルー
ってなんだよ。