ワタクシ(九州支部長)が4年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

コンビニゆで卵

器具類の厳密な殺菌をしている歯科に通う
ワタクシ(九州支部長)です。


小腹がすいたときは
コンビニゆで卵です。

原材料に砂糖が使われています。
この絶妙な味付けは
どうやってるのでしょうか?
卵は腐りやすいと思ってましたが
コンビニゆで卵は結構賞味期限が長いですね。

高倉健ばりに不器用なワタクシ(九州支部長)は
卵を剥くのに
8分もかかり、危うく遅刻しそうになりました。
遅刻したばあい
「不器用ですから・・」と健さんの真似で乗り切ろうと考えましたが
ジョークの通じる職場じゃないので、
そういう妄想さえ、虚しく感じた朝となりました。
でも卵は美味しかったので
頑張ろうと言う気分になりました。


水は低フォドマップです。

地元温泉でIターン希望者の相談に
方言2倍増しで対応している
ワタクシ(九州支部長)です。
いい物件ありまっせ。


水。
もしかしたら
もう、低フォドのネタがつきたんじゃないかと思ってるでしょ?


そんなことはありません。
単なるネタです。


低フォドマップ食の普及

グッとくる。
という言葉を考えた人は
凄いと思う
ワタクシ(九州支部長)です。


低フォドマップ食は
ある一定の成分を制限するため、
特定の業界と対立的になるので
普及が難しい面があります。
スポンサーの顔色をうかがわないといけないテレビなどでは 
なかなか取り上げられないかもしれません。


そういうしがらみのないところから
草の根的に普及を目指したいと思います。


しがらみのない業界
で思いつくのは


学生生協?
です。(よくわかってはない)





毎日通う学生生協にフォドマップの情報があり、
学食で低フォドマップ食が選択できれば、
学生生活はより充実すると思います。


学食なら
「低フォドマップ定食あります」
「低フォドマップ定食はじめました」
って看板が割と抵抗なく掲げられそうな気がします。



てなことで、
ワタクシ(九州支部長)は
勝手な妄想を力に
生協さん。特に学生生協さんを応援します。


ティータイムには米粉クッキー

私の辞書に整理整頓はない!
と小さな声で言いたい
ワタクシ(九州支部長)です。
恐らく脳の構造です。これは。


昼に低フォドランチが出来なかったときや
小腹がすいたとき
甘いものが欲しいときに
米粉クッキーはマストです。