ワタクシ(九州支部長)が4年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

手作りポン酢

時に愛は
ワタクシ(九州支部長)です。


手作りポン酢を味見しました。
カボスの酸味は
数日置くことで
丸くなってます。不思議。
そのため酸味がやや物足りないですが、
味はなかなか良いです。(砂糖を後で足しました)


カボスはやはり香りが足りません。
ゆずやスダチなどとブレンドした方が良いです。


ダシを摂るため
水を入れたので
その分薄くなってしまったので
塩分がやや物足りなかったですが、1回目としては合格です。


醤油と果汁、甘味のバランス
だしの味をどう含ませるかがポイントですね。
昆布を使えないので、味の深みをどう出すかもポイントですね。


次回は果汁多め、ダシ濃いめの少なめ
柑橘類複数
でチャレンジ。


ホワイトソルガムつけ麺

温泉の脱衣所でズボンを脱いでいてふらついたおじさんが
「よっこいしょーいち」と言ったのを
聞いてしまった
ワタクシ(九州支部長)です。


ホワイトソルガム麺です。
全粒粉なので手が出ずにいたのですが
賞味期限が近づいたので食べようかと・・・


ホワイトソルガムについては
パンケーキなどを焼いたのですが
扱いが難しかったのと
味に特徴がないので、どんな料理が良いかと迷っていたのですが。

どうやって食べるかは決めずに
とりあえずゆでてみましたが・・
相変わらずの癖のなさ、特徴のなさ。
しかし見た目が、そば、うどんと和系の麺っぽい。
ということで
つけ麺にしてみようと
ありあわせの材料でつけ汁を作って(胡麻風味)みました。


これが、かなりのヒット!!
癖がないので
つけ汁の味をそのまま運んでくれます。
つけ汁の味の後に、ほんのり穀類の香りがやってくるので
とても美味です。ホワイトソルガムの特徴を感じる事が出来ました。

これはおすすめです。全粒粉じゃなければ・・・・


中華麺としてもイケると思います。

全粒粉なのが注意点ですね。
ホワイトソルガムの活用を考えねば!
全粒粉じゃない乾麺ないかなあ・・・