ワタクシ(九州支部長)が5年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

ワタクシ(九州支部長)のストイックな出張前の生活。

ワタクシ(九州支部長)は日頃からお腹の中で発酵しにくい
低フォドマップ食で
過敏性腸症候群の対策をしています。
ですから
急な腹痛など
このところありません。


日頃から、制限のある食事ですが、 
出張などある場合は、3日前からさらに制限をかけ
仕事先でお腹が痛くならないようにしています。


例えば夕食は
ご飯
卵スープ (乳糖なしのスープの素)
チキンソテー(塩コショウ)
パプリカ、レタス、トマトのサラダ(マヨネーズ)
とか


ご飯
人参しりしり
煮魚(みりん無し)
ほうれん草のおひたし
大根スープ(乳糖なしのスープの素)
とか


です。
制限といっても
そんなに制限ある感じじゃないでしょ?





国産メープルシロップは海外のメープルシロップと成分は同じなのか?

海外のメープルシロップはサトウカエデ
日本は白樺だったり
イタヤカエデだったりと
もしかすると成分違うかもな。

思いましたが
どうなんでしょう?
ま。そんなに手には入らないし
あっても高いから買わないとおもうけど。
もしかしたら、誰かがくれるかもしれないし。



普段買うメープルシロップも、もうちょい安いと助かる。


FODMAP(フォドマップ)の説明

低フォドマップ食は
IBSを引き起こす成分FODMAPをできるだけ摂らないようにしよう
FODMAPの含有率の低い食事をしよう
という食事です。


では
FODMAPってなんでしょうか?


FODMAPの

F

fermentable


発酵性


食べたらお腹で発酵してしまうもの
ガスが出てしまう成分


ガスが出るのは

O

oligosaccharides


オリゴ糖


オリゴ糖にもいくつか種類がありますが
代表的な食材は
小麦や大豆、玉ねぎなど


D

disaccharides


二糖類


代表的なの食材は
牛乳


M

monosaccharaides


単糖類


代表的な食材は


リンゴ


A

and


P

polyols


糖アルコール


代表的成分はソルビトール


です。
それらの英単語の頭文字をとって
FODMAPです。
日本語で言うと
発オ二単と糖
になってかえってわかりにくいのでFODMAPです。
SMAPは
Sports Music Assemble People
PTAは
parent(s)-teacher (s) association
SNSは
social networking service


それと同じです。
お腹の中で発酵する成分をとらないようにしよう
という食事が
低フォドマップ食です


参考文献

過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
Office Uno Column