ワタクシ(九州支部長)が5年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

懸念が現実に

あゝ、荒野
を見て
攻撃的なワタクシ(九州支部長)です。





健康食ブームの中で
いつか安易なていふぉどまっぷしょく
(低フォドマップ食とは違うものなのでひらがな表記)
が、大々的に取り上げられはしないかと
懸念していましたが…


この雑誌だけでなく
安易なていふぉどまっぷしょくの情報がネットや書籍で流れはじめてています。 


一方で、正しい知識と実践で
症状が軽快している方々もいます。


思えば
ワタクシ(九州支部長)も
当初はモナ大風アプローチで始め、
不十分な結果に苦労しました。
モナ大の研究は素晴らしいものですが、
日本人や日本独特の食材には対応していません。


低フォドマップ食に取り組もうと考えている方々は
必ず正しい方法で取り組んでください。



ワタクシ(九州支部長)は
バリカン健二のように戦います。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。