ワタクシ(九州支部長)が4年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

低FODMAP食を始める前のワタクシ(九州支部長)の生活

IBSの下痢症状に悩む人あるあるだと思いますが
出勤前に排便をすませたいので
早めに起床します。
1時間前くらいで準備できればよいのですが、
1時間では準備ができず、段々起床時間が早まってきて、
ワタクシ(九州支部長)の場合、最低2時間前、
酷いときは3時間前じゃないと準備できないというありさま。
6時半に自宅を出発するので、
普通で4時半、
早い時は3時半起床。
17時で仕事を切り上げたとしても
そこから1時間半、運転して帰宅。
そして、また、明日の朝の起床時間を計算して
早く寝ないと!
と焦って就寝。
そんな状態で、快適な睡眠がとれるはずもなく 
寝不足で起床。
そんな悪循環で
何十年。


それに加えて、仕事や生活のストレスが
人並み(人並み以上ですけど)にかかるわけで


もう限界が近いなあ  


と思っていたところで
低フォドマップ食に出会い、


何とかまともなライフスタイルを取り戻したところです。