ワタクシ(九州支部長)が4年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

日本低フォドマップ推進会会員ブログ


過敏性腸症候群+SIBOの食事療法として、低フォドマップ食を実践中の
ショコラのネネさんのブログです。


パン作りはプロ級。
すばらしいレシピばかりです。


温泉卵かけごはんを
Cooked rice with soft boiled egg and soy sauce.
などと言って
低フォドマップ食だぁ!
調子こいてるワタクシ(九州支部長)とは
料理のレベルが違いますので
低フォドマップ食をより豊かに実践してみたい方は是非ご覧ください。


そういえばワタクシ(九州支部長)は幼少期から
忘れ物を取りに変えるだけなのに
「秘儀 leave to go home」
友だちの上靴を隠すときに
「奥義上靴隠匿の術」
など大げさなネーミングをつける癖がありました。
今乗ってる車も中古で買った小型車ですが
「爆走secondhand号」と名付けています。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。