ワタクシ(九州支部長)が4年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

弁当男子(おやじ)襲名!


弁当を作ってみる。
割とリベラルな方だから
男だから女だからとか
気にしない方だし、
料理大好きで
小さな頃から料理していたけど
弁当男子
については
何故かやや抵抗があった。


何でかなあ
と思っていたが、
わかった。


多分、上手く作れないとわかっているからではないかと思う。


食材を切るとか、味を考えるとか
その辺はうまくできて、料理の味もおいしいけど、


弁当箱に綺麗に詰める
ということが
出来ないってわかってるから
手を着けなかったと思う。


昔から、部屋は片付けられない、プリントは整理できない、
ノートはとれない、ものをなくす

一定の枠の中にモノを収める
という行為が大の苦手だった。
今もかばんはぐちゃぐちゃ
データはデスクトップにベタベタ貼り付けていて
よくこれで生きているなあ
と思う。


弁当って
一定の枠の中にモノを収める
その最たるものですよね。
苦手なわけです。自ら近づこうとしないのはそういう理由かな?
また、最近はきれいな弁当を目にする機会がおおく
躊躇してしまう。


そんなワタクシ(九州支部長)の弁当は
ミルフィーユ弁当
ごはんとおかずを
交互に重ねていくスタイル。
一番上には卵を乗せると決めました。


第1回目は 
下から
ごはん、のり、コーンビーフと人参の炒め物、のり→卵焼き
卵焼きはスクランブルエッグから急遽卵焼きにしようと思い立ったため
形崩れ・・
綺麗に詰めることは考えずに
味と低フォドマップで勝負!