ワタクシ(九州支部長)が4年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

低フォドマップポークカレー

アカデミー賞作品賞での発表ミス。
もしアレを自分がしでかしていたら・・
と思うと
妙に心がざわつく
ワタクシ(九州支部長)です。


低フォドマップカレー粉とスペルト小麦を使って
低フォドマップカレーを作りました。
今回はポークカレーです。


カレーの肉は
東が豚で西が牛
というのが一般的な情報ですかね?


ワタクシ(九州支部長)はチキンもしくは牛(スジ)カレーが定番で、
ポークカレーはあまり食べたことがありません。


材料を炒めて
そこにカレー粉、スペルト小麦、調味料を入れ
スープを入れて煮込むだけです。

一般的なカレールウで作るくらいのトロミにするには
かなりの量の小麦が必要なことを発見しました。
カレー一杯でかなり小麦を摂ることになります。
実際、市販のカレールウの原材料は
小麦粉が1番初めに書いています。


ワタクシ(九州支部長)は
カレーはサラサラな感じが好きなのと
基本的にはグルテンも避けたいのと
スペルト小麦を使うとコストがかかる事と
などを考慮して
スペルト小麦の量は少なめにしています。


このカレー粉は個性的な味がしますので
結構プロっぽい味になります。
チキンの方が旨味が強いようですが
ポークカレーもなかなかです。

田舎で古民家改築してカフェでも出そうかな?
なんて、甘い考えが頭をよぎるおいしさです。


以上、リンゴと蜂蜜に恋をしない
ワタクシ(九州支部長)でした。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。