ワタクシ(九州支部長)が4年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

ワタクシ(九州支部長)の朝食

IBSであるワタクシ。
FODMAPがIBSの原因とは知らずに過ごしていた時期は
朝はパン♪朝はパン♪
と通勤途中にある人気のパン屋さんでパンを購入することが多かったが
FODMAPを知ってからは
パン食を封印
FODMAPのFはフルクタン。これは小麦に入っている成分です。
ですから、パンだけでなく麺類も封印です。


幸いなことに
日本はお米が主食。お米は低FODMAPですので、食べる事が出来ます。


FODMAPを知って以降
朝食はごはん中心(おむすび)になりましたが、
飽きちゃうのとボリュームが足りないので
最近はビーフンがメインです。


1 ビーフンを湯がく(下味をつけるため、お湯に粉末だしと醤油)
2 ビーフンを湯切りする
3 ビーフンを炒める(ワタクシはマヨネーズを使用して炒めます)
4 塩コショウ、醤油で味付け
5 卵を入れて一緒に炒める


朝から濃いですかね?
材料費は70円くらいかな?お金のある人は肉類を入れても良いです。
間違ってもキャベツや玉ねぎは入れないように。
マヨネーズ(普通のやつ)は低FODMAPです。
低FODMAP食を実践する上で
マヨが使えるのはありがたいです。神調味料です。
醤油は厳密にはNGですが、少量なのでOKにしています。
お好きな方はナンプラーを使うと良いです。


時間のないときは
エースコック鶏だしフォー

を食べます。
スープは念のため飲みません。
インスタント食品にはいろいろな成分が入っているので
未知の成分はできるだけ避けています。


参考文献