ワタクシ(九州支部長)が5年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

ワタクシ(九州支部長)の高フォドライフ

最強かつ最弱
ワタクシ(九州支部長)です。


ワタクシ(九州支部長)は
だいたいのFODMAPに反応しますが


1,2回食べたくらいでは症状が出ないものや
当初、OK食材であったものが、後々研究でNG寄りになってしまった食材
日本式ではNGだがモナ大的にはOKな食材
などは食べています。
先日ももらいものの国産葡萄を食べました
おそらく果糖がかなり多いものだと思います。

キャベツについても当初は良いとされていた(海外の情報で)のですが
それを信じて定食のキャベツを食べたら、大変なことになりました(;'∀')
キャベツについては現在もあまり口にしていません。

チャレンジ期で1番困ったのが
「少量接種問題」で
症状なくうまくいってる・・とおもっても
1か月後に急な腹痛に見舞われる
というのが1番辛かったので

少々高フォド食材を食べ過ぎた週の週末には
小麦のパンなども食べて、
酸化マグネシウムや大建中湯も併用して
リセットをしています。


ほぼ無フォド生活にすると
便秘に偏るので
このように適度に高フォドを入れています。


多分、ワタクシ(九州支部長)は
今後一生低フォド食しか口にしたらいけない
と言われても
全く困りません。



高フォドを生活に入れるのは
適度に排便を促すため
家族のQOLのため
知的好奇心(高フォド実験)
この3点です










×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。