ワタクシ(九州支部長)が6年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ食」の効果 #低フォドマップ食

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

グルフリパスタ 原点トマトソース

20年前にタクシーに乗った時
運転手さんのプロフィールに
好きな言葉:「原点」
と書かれていたのを見て
雷に打たれるほどの衝撃を受けた
ワタクシ(九州支部長)です。
ありがとう
運転手の黒木さん。



以前購入していたグルフリパスタ

材料的には低フォドとは言えません。

風味があまりないですが
まあ。トマトソースが美味ければ、問題ないです。

ちなみに
このトマトソースは手作りです
トマト缶詰
ひき肉
バジル、オレガノ
オリーブ油
こしょう
しお
もやし


で作っています


もやしは完全OK食材ではありませんが
まだ低フォドマップ食の情報が少ない頃に
色々頭をひねって考えたソースですので
不完全なものですが、
ワタクシ(九州支部長)の原点です。
ホンダのA型エンジン
松下の二股ソケット
みたいなものです。


何となく低フォドマップ食が広まりつつある実感がありますが
広まれば広まるだけ
そのフィロソフィーは薄まっていきます。
そういう意味では
あの時何を考え、何をし、何をしようとしたか
原点を振り返るのも必要だと思っております。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。