ワタクシ(九州支部長)が6年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

日本米粉協会資料 「近年の米粉市場の動向について」大手通販の動向を低フォド視点で調査 楽天市場(米粉パン編)

ステレオタイプの情報を鵜呑みにしない
ワタクシ(九州支部長)です。
職場はステレオタイプで動いてます。


米粉協会の資料を再捜査
低フォド界の山さんです。


まずは楽天


以下の2店が
材料的には何とかなりそうな感じです。


https://item.rakuten.co.jp/moegi/10000059/


原材料:米粉、素焚糖、オリーブオイル、ドライイースト、塩


https://moegi.shop/menu/add-free/bread/
原材料:米粉、素焚糖、グレープシードオイル、ドライイースト、塩



素焚糖が初お目見え食材です。
原料はサトウキビのようですが・・・どうなんでしょうか?



https://item.rakuten.co.jp/santecafemaru/kome-01/


原材料:米粉(福岡産)、きび砂糖、菜種油、塩、ドライイースト



体に良い食材や健康を前面に押し出すお店の場合
良かれと思って高フォドを使用してしまうパターンが多く
中でも
食物繊維、甜菜糖、豆乳
この辺が入ってくるパターンが多いですね。


何を摂取するかよりも
何を摂取しないか


何をするかではなく
何をしないか


低フォド進めるにはこういう発想の転換が必要。


あとは持続可能な金額であることかな~?



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。