ワタクシ(九州支部長)が5年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

プチ北海道特集 銀鮭ほぐし

昔の映画は面白かったなあ
と思うのは老化か?
ワタクシ(九州支部長)です。


昔の方が良かった
と思う理由はいくつかありますが
実際の所
ホントに良かった
という可能性もあります。


もう
こうなっちゃうと
北海道とか関係ないんですけど
アラスカの鮭。

原材料的にはまあまあ。


プチ北海道特集 帆立醤油漬け、

ラーメン、うどんの欲求が全くなくなった
ワタクシ(九州支部長)です。
低フォド2年目くらいまでは
結構ありましたけどね。


小麦粉をとって→苦しい→嫌になる
という心理、行動的な変化ではなくて
依存から抜けたのかなあ
なんて思ってますが。
ま、その辺はわかりません。


低フォドでバリエーション豊かにすごしているので
バリエーションが少なかった当時と比べ
選択に困らない
ということは大きいですけど。
学習・経験によるところも大きいかと。


これ、めずらしいかも

原材料を見る限り
低フォドのようです。

いいですね。


そうだ京都、行こう


あー
京都いきたい


ワタクシ(九州支部長)の故郷は
〇〇の小京都的売り出し方をしている感じです。


「小」っていうのがアレですな。