【本ブログは「#低フォドマップ食 Ⓡ」商標使用認定を受けています】ワタクシ(九州支部長)が長いこと実践している  #宇野良治 の効果 #乳酸菌と食物繊維が腸を壊す #過敏性腸症候群 #低発酵食

ワタクシ(九州支部長)は無償で活動していますが、収益が発生する活動には商標権者に対しロイヤリティを支払う契約となっています。

八朔の砂糖煮

沖合4キロで腹痛
ワタクシ(九州支部長)です。


小学生の時日本泳法をしており
その遠泳の際
腹が減ってはまずい・・・と
キムチをメインにした
オリジナルの「腹減らない丼」を作った
それを食べて
沖合まで遠泳していると
途中で腹痛(-_-;)
痛みに悶えていると
船の上の監視員の大人が、空腹になったと勘違いし
ヤ〇ルトとビガー(飴)を投げ込んで、栄養補給しろという。
言うとおりに、ヤ〇クルトとビガーを摂取するも
腹痛は増すばかり。
周囲に同級生が一緒に泳いでいる。
ここは思い切って、海中に放出してやろうか?と考えもしたが
この海域にはサメ(フカ)が出ることがあるため
「小学生。腹痛に耐えられず海中で排泄!寄ってきたサメに襲われ死亡!」
といった、前代未聞の新聞のタイトルが頭に浮かび、断念。
お尻に全神経を集中させ、日本泳法のテクニックを駆使して、浜辺まで戻ってトイレに駆け込んだ。


この事件前後から
日本泳法の講習中腹痛を起こすことが度々起こった
特定の場面で起こるため「(海が怖い)精神的なもの」という事で片付けられた
自分では「精神的なものでは無い」と感じていたが
何度も何度も繰り返すので
病院に行ったっところ
「これは盲腸だ!すぐ切らねばならん!」と言われ
慌てて逃げたこともあった。


結局、腹痛は解決せず
「メンタルが弱い自分」というパーソナリティが確立してしまった


元来、明るくユニークな面も多い性格だと自負しているので
メンタル弱くて真っ暗な日々を送る・・・というわけではなかったが
前に進もうとする自分を、後ろから常に引っ張る力が働いていたことは確かである。







豊後大野で八朔の砂糖煮
苦みがいいのよ。


自分で作るとなると
大変だよね
なので、売ってたら買いますね。




×

非ログインユーザーとして返信する