【本ブログは「#低フォドマップ食 Ⓡ」商標使用認定を受けています】ワタクシ(九州支部長)が何年も実践している  #宇野良治 の低フォドマップ食の効果 #乳酸菌と食物繊維が腸を壊す #IBS

ワタクシ(九州支部長)は無償で活動していますが、収益が発生する活動には商標権者に対しロイヤリティを支払う契約となっています。

むつごろう 有明シリーズ第2弾

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)
Oligosaccharides(オリゴ糖)
Disaccharides (二糖類)
Monosaccharaides (単糖類)
And 
Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
慢性的な下痢や便秘で悩む人は
FODMAPの多い食事(高フォドマップ食)をやめ、低フォドマップ食にすると症状が改善する事が分かってきました。


ワタクシ(九州支部長)は日本低フォドマップ食推進会の九州支部長として
九州各地の低フォドマップ食を探しております。


今回は有明海シリーズ第2弾
むつごろう
です。


九州だからって
むつごろうを頻繁に食べるわけじゃないですよ
ワタクシ(九州支部長)は
初ムツゴロウです。
みりん、香辛料がリスクなのでお気を付けください。
探せば
低フォドの味付けのむつごろうもあるかと思います。

食べ物かどうか迷うビジュアルですが・・・・


次回有明シリーズは
わけのしんのす 
を予定。



低フォドマップ食については
こちらを参考に

過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
Office Uno Column



×

非ログインユーザーとして返信する