ワタクシ(九州支部長)が長いこと実践しているお腹が痛くならない「 #低フォドマップ食 」の効果 #低FODMAP食 #過敏性腸症候群 #低発酵食

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

九州支部長 人間ドックでランチを食す!

弟子入り志願の人に
つるはしで車襲われたらどうするか
イメトレしている
ワタクシ(九州支部長)です。
こうきたら、こうして、こう!



人間ドック受けましたよ。
何の問題もございません。
家系が糖尿、高血圧、心臓などあるので
そこも見てもらいましたが
異常なし。


職員はほぼ不織布。医療用というより市販なのかな?
ドクターが1人FFP2?っぽかったけど。
利用者はさすがにマスクしてましたね。
ウレタンマスクが2-3パーセント
布マスクも2-3パーセント
ダブルマスク0.1%
高規格マスクほぼ0
ってとこですかね。


高規格のW+高機能フィルターの
2.5次元マスクはワタクシ(九州支部長)のみ。
低周波治療器のネバネバのパッドを
マスクの縁に切り取って貼って
密着させる作戦を思いついて
やってみたが
断念。


気になったのは
立派なビル内の施設で
換気のしようも無いし(設備はあるかもしれないが)
問診の声とかが結構響いているってことは
マスク無しだと、飛沫なり、エアロゾルなりが飛んでるんじゃない?
という点。
エアコンも集中管理で全室つながってそうだし。



IBSは精神的なものでは無いというのは完全な事実だが
IBSであるがため形成された行動や思考のパターンというのは当然あって
ワタクシ(九州支部長)の場合、慎重さや保守的、天邪鬼、という言葉が当てはまるかもしれない。
実際のところは、新奇なもの好きという破天荒な一面もあるので
現状、自分の行動様式を表すとすると
「石橋を叩いただけで渡らない」
「右と言えば左でもなく上」
「LINEじゃなくtelegramと思わせ、signal」ってとこ。
現在のパンデミックのなかでは
この行動パターンは合っている気がしている。


ま。しかし。
国内、海外の情報をまんべんなく集めれば集めるほど
何が起きてるのか全くわからなくなる。
取り敢えず
自分の中に起きてくる「感じ」を大事にしよう。



閑話休題



でランチ。とっても美味しい。
全部食べた。
フォドマッパーには若干の敵が・・・
個人的にはキャベツが多かった。
果物の果糖はこの程度は大したことない。
とかおもってたら
結構お腹が張りました。
あ。
ちなみに
ネット情報で
平気でキャベツはOKってしている情報は気をつけて
一般的にはそれでよいかもだけど。
けっこうガスを呼ぶことがあるんだなあ。
季節や産地によって違うのか?ってことは実験していない。
たしかに食べても大したことないこともある。
ガスが出る事も。
他の要素もあるしね。
とにかく、各自しっかり導入期を経て
各食材にチャレンジしてください。



キャベツばかりをかじってた


×

非ログインユーザーとして返信する