ワタクシ(九州支部長)が6年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

日本米粉協会資料 「近年の米粉市場の動向について」大手通販の動向を低フォド視点で調査 楽天市場(米粉クッキー、ケーキ編)

ポリエチレン手袋を常備している
ワタクシ(九州支部長)です


米粉協会資料調査続報です


基本的に完全低フォドマップ食商品を見つけるのは至難の業です。
こちらで紹介している商品も
不完全低フォドがほとんどで
おすすめしているわけではありません


まずは厳格導入期
チャレンジ期で自身が反応するFODMAPを特定した後の話です。


あくまでも、調査の覚書としてアップしています。






店舗 朝ごはんラボhttps://www.rakuten.co.jp/asagohan/


商品名 さっぽろグルフリベイクhttps://item.rakuten.co.jp/asagohan/bake_010/


原材料
全卵、米粉(富山県産米粉)、砂糖(きび粉)、バター、アーモンドパウダー、水飴、玄米(佐賀県産)、食塩、ふくらし粉(アルミニウム不使用)
※上記以外に、フレーバーにより「クランベリー」「パンプキンシード」「くるみ」「バナナ」が含まれます


玄米がおしい。


クッキーも販売しているようですが、そちらは豆乳入り。
トレハロース不使用を明記。それはありがたい。





店舗名 LA CHOU CHOUTE(ラシュシュ)https://www.rakuten.co.jp/lachouchoute/


商品名 米粉クッキー https://item.rakuten.co.jp/lachouchoute/10000004/
原材料 トランスファットフリーショートニング、米粉、コーンスターチ、洗双糖、メイプルシロップ、オーガニックベーキングパウダー(アルミニウムフリー)、天然塩


ショートニング、洗双糖がよくわかりません。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。