ワタクシ(九州支部長)が5年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

政府インターネットテレビ

背筋を伸ばすベルトを買った
ワタクシ(九州支部長)です


政府インターネットテレビ
米粉普及の番組です。

米粉普及のためなので
仕方ないとこもありますが
あまりにも
米粉で簡単に調理ができる
というのはどうかなあ。



低フォドの観点からは
全体の米粉ニーズが増える→米粉商品が普及する
となっても
低フォド商品が増えるかといえば
そうではないので


一時のブームで終息しないためにも
ワタクシ(九州支部長)は
経済的なことは横において
IBS等の治療食としての米粉の重要性を基盤にして(高フォド材料を添加しない)
他のニーズにも応えていく
という方が良いのではないか?と考えます。


低フォドにしても
簡単にできる
軽くできる
としてしまうと
ブームになるが後が続かない・・となるので
質を担保するためにも
ある一定の小難しさ
ハードルの高さ
とっつきにくさ

必要だと考えます。


まあ、ある程度普及しないと選択肢が無いという状態になってしまうので
普及と質のバランスを考えないといけないということですけど。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。