ワタクシ(九州支部長)が5年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

グルフリ麺


縮んで伸びる、縮んで伸びる
伸びる前には縮むもの


ワタクシ(九州支部長)です。



グルフリ麺です。
他にうどん、パスタがありましたが
こちらの麺だけが
材料的に珍しかったので、購入。
大分県日出町 シーガーデンひじにて。


材料的には低フォドとは言えませんが
チャレンジ期終了後は
取り入れられるかも

他の麺は
グルフリ麺でよくある原材料で
こちらの麺を作っている製麺会社が
自社ブランドで出しているものと
おそらく同じでした。


大分の安心院が地元の米を提供して
他県の製麺会社が自社ブランドと同じ手法で
作っているのでしょうか?
結構遠い県の製麺所だけど
県内に米粉麺作れるところ無いのかな??



この米粉焼きそばの原材料表示に
増粘剤の原料由来がかかれていました
これは、丁寧な印象です。


ワタクシ(九州支部長)は
この麺で
ラーメンを作る予定です。
ソース問題が解決していないので。
もしかすると
塩焼きそば
なんて展開かもしれません。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。