ワタクシ(九州支部長)が5年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

低FODMAP


FODMAPの難しさは


中途半端にやった場合


反応が出るモノを食べて


数時間後に症状が出る


あるいは


症状が出なくて大丈夫と思っていても


腸内の状態はくすぶり続けていて


FODMAP以外の食べ物を食べて


症状が出てしまう。


だから


「あの食材が悪かったんだ!」という気づきが無くて


あるいは、別の食材が反応したと思って


食生活の改善が難しい


FODMAPを食べてすぐに反応がないから


FODMAPを食べなくなるという、弱化が起こりにくい。



FODMAPを食べる→しばらく反応がない→数時間後症状が出る→またFODMAP をたべる



くすぶり続けている場合に別の食材がトリガーになった場合は


FODMAPを食べる→反応がない(くすぶっている)→問題のない食材を食べる→症状が出る→問題のない食材を食べなくなる


となって、問題のない食材を食べる行動が減る


たぶん。


ワタクシ(九州支部長)は低フォドマップ食を知る前は、このパターンで何年も同じところをぐるぐる回っていました。

だから四の五の言わず
低FODMAP食を1ヶ月(4~6週間)やってみなよ。
って話しでした。


参考文献

過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
Office Uno Column



低フォドマップ食情報

日本低フォドマップ食推進会会長より
valio社のラクトースフリーミルクをいただいた。


日本人の多くが乳糖不耐症なので
飲むならば乳糖の少ないものが良い。


時期を見て、20年牛乳を飲んでいない(1回腸内リセットで飲んだけど)
ワタクシ(九州支部長)が試してみます。
20年前牛乳を飲んだ時は
車内で腹痛のパニックに襲われました。


多くの米粉パンに乳製品が使われているので
米粉パン業者の方がラクトースフリーミルクを使用してくれると
IBS患者も安心して食べる事が出来ますので。
そのような製品をお願いします。


牛乳は飲めないのですが
牛乳の繊維の服なら着られると思います。

体内で発酵してしまう食品は体外で活用できないか?
考えてみるのも面白いと思うワタクシ(九州支部長)です。





ワタクシ(九州支部長)のお腹が、痛くならない空腹対策

IBSで低FODMAP食を実践している場合


食べるものがなくて、食事を抜かざるを得ない


ということがある。


個人的には、一食抜くことで、カロリーコントロールできるから


アリじゃないかと思いますけど。


空腹対策として


常に


 


サラダ一番を携帯。


成分的には


でんぷん、加工でんぷんや大豆由来のものが、入っているので


満点じゃないけども。


安価、小袋入り、少量で空腹が治まるということで


現状採用しております。


症状はでません。ら


コンビニで150円
スーパーで120円
100均で100円
安売りで90円くらいです。


サラダ一番が完全低FODMAP食になれば嬉しいです。
特に加工でんぷんが何なのかがわかりません。


通勤距離が長いので


帰宅途中によく食べます。


車内でサラダ一番をバリバリ食べているおじさんをみたら


おそらくワタクシ(九州支部長)です。


声をかけてください。