ワタクシ(九州支部長)が5年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

ディーンフジオカ、あさイチでの米粉お好み焼きのレシピが気になるところですが、、、


ディーンフジオカのグルテンアレルギーに
仲間たちが作ったという、
グルフリお好み焼きが気になる
ワタクシ(九州支部長)です。


キャベツ、ソースは
低フォドマップ食では
NGですけど。


低フォドマップお好み焼きは
ハードル高いなあ。

イオンにグルフリが増えたのはディーンさんのおかげ??


近所のイオンにグルフリが増えたのは低フォド実践者としてはうれしい。

イオン「スマートワオン」TV-CM 15秒バージョン(ディーン・フジオカ出演)
ディーン・フジオカがCMに出ているからだろうか?


彼なら、良い意味で空気を読まずに(スポンサーとか気にせず)
グルフリを推進しそう。
低フォドマップ食もおねがいしまーす。


カレー問題

カレー食べたいっすね。
IBSでも。


ワタクシ(九州支部長)は以前はカレー作りが得意でした。
学生時代
インド、スリランカ、東南アジアの留学生に教えてもらって
スパイスを使ってつくっていました。


みんなで集まってカレーを食べました。
ワタクシ(九州支部長)は東南アジアのカレーより
インドのカレーが好きでした。


しかし低フォドマップ食実践中の身ではカレーはNGです。


年に一回の大腸内視鏡前に食べるくらいです。


市販のカレールーは小麦粉の問題でNGです。


先日、思いがけず、カレーを口にせざるを得ない状況になり
苦しみました。


IBSでも食べられる
カレーの開発は急務です。



学生時代のようにスパイスから作ってみようかと
調べてみました。


とりあえず
お手軽なところで


SBのカレー粉の原材料です。


●原材料
ターメリック、コリアンダー、クミン、フェネグリーク、こしょう、赤唐辛子、ちんぴ、香辛料


そもそも「香辛料」って原材料に書いているのが解せませんが・・・・



モナ大アプリはこういうときに便利が良いなあ。
いらないかな?
と思ったけど
買っててよかった。


「香辛料」以外は大丈夫そうです。
ただ、この香辛料がガーリックだったりした場合はNGなので
スパイスは1つ1つブレンドしないとだめですね。
また、メーカーさんには正確な標記をお願いしたいもんです。


カレー問題では
小麦粉
スパイス
にんにく
玉ねぎ
あたりが壁になります。


スパイス問題は案外簡単に解決できそうです。


インド系本格カレーであれば小麦粉は入れなくてよいので
問題になりません。


ほうれん草カレー
トマトカレー
このあたりで
玉ねぎをどう回避するかですね。


カレー関係業者の皆さん
低フォドマップ食カレー作ったら
売れますよ。


⇒原材料の香辛料については
それに含まれる成分が確認できません。
玉ねぎ、にんにくが含まれる可能性がありますので
IBS患者さんは使用にはご注意ください。









九州限定!低フォドマップ食の書籍贈呈

過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
Office Uno Column


ワタクシ(九州支部長)が所持しています
過敏性腸症候群の書籍を贈呈いたします(5冊)
条件は以下です。


九州管内で
①多くの人の目に触れる公立施設
公立図書館、大学図書館など


②地域に根ざした活動をしている方々
短大、大学の栄養、看護、保健関係の研究者および行政の保健師、栄養士など


③低FODMAP食と親和性の高い商品を製造している小規模事業所
米粉を推進している生産者や米粉加工品製造業者、グルテンフリー製品、アレルギー対応食品製造業者。米粉等を使った食品を作っている障がい者施設など。(商品化した場合は低フォドマップ食は書籍の著者が商標登録していますのでライセンス契約が必要です)


④IBS治療に従事している方
開業医(小規模クリニック)


⑤沖縄、離島以外はワタクシ(九州支部長)が低フォドマップ食を探す旅を兼ねて直接贈呈に伺うかもしれませんので、それが嫌じゃない方。


⑥贈呈にあたり、色々ややこしい手続き、書類記入など強要しない方々


IBS患者個人の方にも読んで欲しいのですが、
個人情報の管理などの対応などの問題があるので
今回は、公立施設、事業所等に限定します。


(共通条件)
・日本低フォドマップ食推進会会長のブログ(特に低フォドマップ食に関する記事)に目を通すこと。



書籍が欲しい方は
コメント欄かメールに
・施設、事業所名、住所、電話番号など
・連絡メールアドレス
・ホームページやブログがあればそのアドレス
・書籍希望の簡単な理由
を書き込んでください。


メルアド→low.fodmap.diet.ibsprince★zoho.com
(★を@に変えてください)



医師や栄養士を中心とした堅苦しい研究会ではなく


自分が過敏性腸症候群などで、低フォドマップ食に興味がある人が集まって、


そして、工夫して、楽しい食生活を送れるように、


みんなで勉強して発見してゆく会


儲けようとする人は厳禁。


それが
日本低フォドマップ食推進会です