ワタクシ(九州支部長)が4年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

低FODMAP食


IBSには低FODMAP食ですね。
グルテンフリーなどに取り組んでいる人たちや
アレルギー対応商品を作っている業者の方々には
取り組みやすいと思います。
低FODMAP食商品が日本で簡単に手に入るようになるとうれしいです。

低FODMAP情報

鹿児島の道の駅喜入で
3ヶ月前に購入した
いこもち粉なる粉
原料は餅米とうるち米
それを炒って粉にしたもののようです。
別名、いりこもち粉。


米なので低FODMAPです。
香ばしくて普通の米粉とは違う風味。
一瞬、大豆かな?
と思う風味ですが
大豆は入ってないようです。




低FODMAP情報

佐賀県伊万里市に参上したワタクシ(九州支部長)です。
何かないかな〜と探していましたら。


ドライブイン鳥


というところをみつけました。


凄いネーミングですね。


その名の通り


鳥がメイン


ガスコンロで焼いて食べるスタイルです。


名物は鶏飯です。


ここに来た人はほとんどコレを食べるそうです。


若干、ゴボウが入っているようなので


こちらは低FODMAPとは言えませんが


ワタクシ(九州支部長)は、食べても症状はでませんでした。


メインは生の鶏肉を自分で焼いて食べるのですが、


下味をつけていないのは、たいへんありがたいです。


新鮮な鶏肉は臭みが無いです。


自慢のタレは恐らく高FODMAPですので


ワタクシ(九州支部長)は卓上にある塩で頂きました。


塩で食べ、白ご飯をつければ低FODMAP食です。


福岡の糸島にも店舗があるとのことでした。



低FODMAP食情報(牛蒡餅)

ゴボウは高FODMAP食です。
ワタクシ(九州支部長)は避けています。
そんなワタクシ(九州支部長)の前に
こんな食材が現れました!!


平戸の名物 


牛蒡餅

あー恐ろしや。
ゴボウを使った餅なんて!
・・・・・・・
・・・・・・・
と思いましたが


成分を調べると
砂糖 OK
上用粉 OK
黒糖 OK/NG(モノによる)
(ネット調べ)



上用粉は米の粉のようです。
黒糖の素性がわかれば低FODMAPと言えそうですが。
このように原材料だけ見ても判断できないのが
低FODMAP食探しの難しいところです。


しかし、わかりにくい名前だなあ・・
見た目(黒糖を使ったもの)が黒くて、長くてゴボウみたいなので
牛蒡餅というようです。


3個食べても症状は出ませんでした。