ワタクシ(九州支部長)が4年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

低フォドマップ食とおならの匂い

おなら=くさい
ですよね


ワタクシ(九州支部長)は
低フォドマップ食を始めて
気づいた
IBS症状の改善以外の効果は
おならが臭くなくなった
です。
もちろん、低フォドマップ食は
腸内の発酵を抑える食事なので
ガスの発生が抑制され
おならそのものもでません
低フォドマップが順調な時は全くおならをしません。
そして、おならがでても臭くありません。


低フォドマップ食とおならの悪臭については

および

過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
Office Uno Column

に書かれています。
低フォドマップ食そのものは
おならの匂いをなくすことを狙ったものではありませんが
高フォドを制限していくことで
結果的におならの匂いが低減する可能性がありそうです。


ワタクシ(九州支部長)は
ガスが増えたり、匂いがあったりすると
低フォドマップ食が崩れている証拠とし、
再度厳密な低フォドマップ食を実行し
元の状態に戻す
というやり方をしています。


ワタクシ(九州支部長)は
80年代ののアイドルのように
おならもしなければ
おならもくさくありません


最近のアイドルは
「おならしちゃいま~す」など平気で言いそうですが
80年代のアイドルは
おならなど絶対しない!という存在でした。


アイドルでおならに悩む方にも
低フォドマップ食は
おすすめです。