ワタクシ(九州支部長)が5年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

サメは低フォドマップ食です。

Tシャツを着て、その上から肩にバッグをかけて
さらにその上に襟付きシャツを着て
バッグを外せなる事が良くある
ワタクシ(九州支部長)です。


サメ肉
食べたことありますか??

サメ肉を食べる習慣は日本各地にあるようです
ワタクシ(九州支部長)は好んで食べます。
むかーし
ロス五輪の随分後に
カールルイスがサメ肉を食べている
という話を聞いて(未確認情報です)
「やっぱ高たんぱく低カロリーだからアスリートに向いてるのか!」
と思ったことがありました。


ワタクシ(九州支部長)の食べるサメ肉は鮮度の良いアンモニアの少ない種類だと思います。


ちなみに定番の酢味噌は高フォドですので
ご注意を。



カール・ルイス  四冠   (84‘ロサンゼルス五輪)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。