ワタクシ(九州支部長)が4年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

低FODMAP情報(米粉クッキー)

大分県玖珠町
道の駅慈音の滝でトイレ休憩中みつけました。

米粉クッキーです。

マーガリンは△
ココアは乳糖不使用なら○


マーガリンをバターか植物油に変えて
ココアの詳細が分かれば
低フォドマップ食です。



この商品は地元の障害者施設が製造販売しているものです。


ワタクシ(九州支部長)は
低フォドマップ食普及の一翼に
障害者施設が絡んでくるのでは?
また、賃金アップにも
低フォドマップ食販売が
貢献するのではないか?
と考えています。
障害者施設のポテンシャルは高いです。


一般企業が介入していない領域です。
九州の障害者施設の経営者のみなさん。
いかがでしょうか?


九州沖縄の人口が1500万人とすれば
IBS人口は200万人。


200万人が顧客です。