ワタクシ(九州支部長)が4年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

低フォドマップ食における食品の制限問題

低フォドマップ食は
過敏性腸症候群の症状に関与する食品を避ける
あるいは過敏性腸症候群の症状を誘発しない食品を選択します。



低フォドマップ食を始めて
よく言われるのが
「こんな制限のある食事じゃ栄養が取れない!」
というものです。


ワタクシ(九州支部長)の場合
始めに低フォドマップ食で食べる事の出来る食品一覧を見た時に
「お!これだけ食べられれば、十分じゃないか!」
と思いました。


この感覚は一般の人とは違うものかもしれません。


一般的には低フォドマップ食での食品制限に
「こんなんじゃ栄養獲れないし、何より食生活が楽しくない」
と思うと思います。


個人がどんな食事を選択するかは自由です
IBSであっても、症状の出る食事を選択するという人がいても何の問題もありません。


ワタクシ(九州支部長)は
IBS症状の無い生活を選択しています。


参考文献

過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
Office Uno Column



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。