ワタクシ(九州支部長)が4年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

和菓子問題

低フォドマップ食を実践していると
市販の洋菓子は、まず食べられません。


で、自ずと和菓子を選択することになるのですが


まず、小豆が高フォドマップということで制限があります。


多少の小豆をOKとする
または
小豆を使用していない和菓子を選択する
としても


市販品の多くに
ソルビトールやトレハロースが用いられています。


老舗や有名店の和菓子なら大丈夫だろうと思っていましたが
有名店の和菓子にも結構使われています。


ワタクシ(九州支部長)は
和菓子店でも
原材料を聞きます。


老舗の和菓子店で
「オタク、トレハロース使ってます?」
と聞くと
嫌な顔されたり、されなかったり。
同じ業界のスパイか!?
と勘ぐられますが
単なるお腹の弱いオッサンです。


鹿児島名物にかるかんというお菓子があります。
その中でも
もぜかるかん
というやつは
あんこが入っていません。
これが、また美味しいんですよ。
山芋を使っているので
低フォドマップ食とはいえませんが
トレハロースなど使用していなければ
ワタクシ(九州支部長)は少量なら症状でません。


大手のもぜかるかんはトレハロースなどを使用しています。



明石家さんのもぜかるかんは
たしかトレハロース不使用でした。(未確認情報)
山芋は入っています。
変わった食べ方で、バターをつけて、トースターで焼く
という食べ方もあります。



山芋使わない、もぜかるかん
これが出ればサイコー。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。