ワタクシ(九州支部長)が4年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

九州低フォドマップ食情報(パンケーキミックス)

ワタクシ(九州支部長)が気になっていた食材を調査する調査報告。
今回も九州管内の街をぶらぶら。


最近なんですけど
観光地のお土産屋やデパートのオーガニック商品売り場などで
よく見かける物なんですけど・・

九州パンケーキ。
おしゃれなブランドになっているようです。

パンケーキは小麦、乳を使っている高フォドマップ食で
ワタクシ(九州支部長)は、年に一回。大腸内視鏡前のデザートに食べる程度にしています。
そのパンケーキミックスにグルテンフリーができたそうです。

米粉だけのものや

加工でんぷんや増粘剤が入ったもの(で厳密には低フォドマップとは言えないもの)
など5種類ほどあるようです。


欧米のFODMAPPERのレシピを見ると
グルテンフリーの粉や製品をよく使っています。
そのような製品が手に入りやすければ
日本でも低フォドマップ食が進んでいくと思います。
九州パンケーキ
頑張れ!!!!!


グルテンフリーの粉が手に入ったら、再度レポートします。


ちなみに会社概要には

運営会社は九州管内では有名な
一平寿しさん
のようです
レタス巻き発祥のお店です。


何度か行ったことが有ります。




レタス巻きは一般的な材料で作り、のりがOKならば
低フォドマップ食です。