ワタクシ(九州支部長)が4年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

豆問題うわごと


豆好きには豆問題は一大事。


10年ほど前にこの本を読んだ時、
ずーっとインゲンマメを食べ続けていた時期がありました。
(毎日じゃないけど、週1,2)

本の内容は医学的にどうなんだかはわかりませんが
インゲン豆はFODMAP的にはNGでしたね。
当然、当時はそのようなことを知る由もありませんでしたが。

ただ、ワタクシ(九州支部長)は
FODMAP完全実施前は
豆類をOK食材に分類していました。
FODMAPが提唱される前から
そんなことをしていたワケです。


個人で症状が出る食材の種類量が違うことが
低フォドマップ食の難しいところですね。
厳密な実施をした後からは、各自アレンジが必要。



成分によって、ガス症状の部位が違うようです。



参考文献

過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
Office Uno Column



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。