ワタクシ(九州支部長)が4年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

低フォドクッキングベスト10!

ワタクシ(九州支部長)が作った低フォドマップクッキングベスト10!


第10位!
全然膨らまなかったけど。ポンデケージョ。


第9位!
定番パンケーキ。
現在は、粉を少なめにした、低糖質パンケーキを推奨。

第8位!
ストリングホッパー
手軽に低フォドマップ麺が作れます。

第7位!
簡単チャーシュー。
マジで簡単。

第6位!
スペルト小麦餃子!
スペルト小麦のふくよかな生地は抜群です。

第5位!
お風呂専用のゆずで作ったゆずジャム じゃばら果汁入り、
作ってるときはどうなるかと思ったけど、
びっくりするほどのスマッシュヒット!

第4位!
バナナシフォン。
米粉シフォンのアレンジ版。
バナナは裏切らない。

第3位!
低フォドマップカレー粉を使ったカレーライス
もう、一生カレーは食べないと誓ったあの日から
ワタクシ(九州支部長)を救ってくれた
救世主カレーです。

第2位!
ショコラのネネさんのアクアケーキのアレンジ版。
バナナの焦げがたまらない甘味をだしてます。
バナナを生かすならベストの調理方法かと。
耐熱皿で作ったのが良かったようです。

第1位!
ショコラのネネさんの完全無欠のレシピですが
おじさんにも作れました。
抜群においしいです。