ワタクシ(九州支部長)が4年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

低FODMAP


FODMAPの難しさは


中途半端にやった場合


反応が出るモノを食べて


数時間後に症状が出る


あるいは


症状が出なくて大丈夫と思っていても


腸内の状態はくすぶり続けていて


FODMAP以外の食べ物を食べて


症状が出てしまう。


だから


「あの食材が悪かったんだ!」という気づきが無くて


あるいは、別の食材が反応したと思って


食生活の改善が難しい


FODMAPを食べてすぐに反応がないから


FODMAPを食べなくなるという、弱化が起こりにくい。



FODMAPを食べる→しばらく反応がない→数時間後症状が出る→またFODMAP をたべる



くすぶり続けている場合に別の食材がトリガーになった場合は


FODMAPを食べる→反応がない(くすぶっている)→問題のない食材を食べる→症状が出る→問題のない食材を食べなくなる


となって、問題のない食材を食べる行動が減る


たぶん。


ワタクシ(九州支部長)は低フォドマップ食を知る前は、このパターンで何年も同じところをぐるぐる回っていました。

だから四の五の言わず
低FODMAP食を1ヶ月(4~6週間)やってみなよ。
って話しでした。


参考文献

過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
Office Uno Column