ワタクシ(九州支部長)が4年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

米粉たこ焼き

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)
Oligosaccharides(オリゴ糖)
Disaccharides (二糖類)
Monosaccharaides (単糖類)
And
Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
慢性的な下痢や便秘で悩む人は
FODMAPの多い食事(高フォドマップ食)をやめ、低フォドマップ食にすると症状が改善する事が分かってきました。


米粉は代表的な低フォドマップ食材です


一般的な小麦粉は高フォドマップ食なので
IBSでは避ける食材です。
ワタクシ(九州支部長)は小麦粉はスペルト小麦以外は避けています。
そのため長らくたこ焼きを食べていませんでした。


いぜんは「タコパ」をしていましたが・・・


この度、米粉たこ焼きを作ってみました。


米粉、タピオカ粉、塩、だし、卵を適当に混ぜて生地を作りました。


急に思いついたので、タコは入れず
シーチキンを具にしました。


見た目は割と良い感じです

低フォドソースが未だ発見されないので
ダシ系つゆでいただきます。


食感は小麦粉と比べやや重いので
水は多めにした方が良いかもしれません
また、若干米粉のざらつきがありました。
これは、製粉のレベル(粒のサイズ)によるものかもしれません。
農林水産省/米粉用製粉機械の紹介



農水省は米粉に基準を設けるらしいので
今後は使い分けができるかもしれないですね。


米粉たこ焼きの課題は
軽く仕上げて生地にざらつきを残さない事です。
ソース問題もあります。



米粉と言えば↑こういう素材もあります
玄米なのでワタクシ(九州支部長)は積極的には食べませんが
ここのパンは相当美味しいです。

グルテン、乳入っていますけど。