ワタクシ(九州支部長)が4年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

(再掲)低フォドマップ食カレー

スマホのSDカードの調子がどうもイマイチな
ワタクシ(九州支部長)です。



以前購入していましたカレー粉で
カレーライス作りました。
ワタクシ(九州支部長)はインド、スリランカの人に
カレー作りを教えてもらった過去があります。


これが低フォドマップカレー粉


今回はルーを作らずに
鶏肉、ジャガイモ、ニンジンを油、塩、ブラックペッパー、しょうがで炒めた後に
カレー粉とスペルト小麦を投入し、具材と一緒に炒め、からめて
そこに水を入れてつくりました。
とろみをつけるにはスペルト小麦を多めに入れないといけないようですが
ワタクシ(九州支部長)はサラサラな方が好きなので
そんな感じで作りました。

完全低フォドにしたかったのですが
味付けのためスープの素(玉ねぎ入り)を入れ、
隠し味に低フォドのかつおだしと醤油。
色付けと風味づけに低フォドチョコ(カカオ95パー)、
仕上げにバターを入れました。
じゃがいもも△食材ですが
ワタクシ(九州支部長)は症状出ないのでいれています。
スープについては時間があるときに自分でスープをとったり
ひき肉など味の出る具材を使えばOKです。


辛さはこのカレー粉だけですと中辛レベルらしいです。
ワタクシ(九州支部長)は辛みを足すために
ハバネロコーレーグースーを足しました。
(市販ガラムマサラはガーリックが入っていたため)


味は大変おいしく、玉ねぎなしで十分でした。
シナモンが多いので
やや漢方薬っぽい香りで個性的なカレーでした。


これでカレー問題は解決です。
ただし、食器に付いたカレーの色が落ちにくかったです。(注意)
ワタクシ(九州支部長)は洗浄に漂白剤を使う羽目になりました。


低フォドマップ食についてはこちら

過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
Office Uno Column



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。