ワタクシ(九州支部長)が4年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

ストリングホッパー用製麺機初使用!

使用しているメールは
ZOHO、proton、tutanota
使用しているブラウザは
opera、Vivaldi
使用しているメッセンジャーは
TextSecure,Telegram
そして実施している食事が低フォドマップ食
というマイナー好きなワタクシ(九州支部長)です。



マイナーな調理器具
ストリングホッパー製麺機をいただいたので
使ってみました!



ストリングホッパー製麺機をいただいたので
使ってみました!

米粉、60g
タピオカ粉10g
塩少々
熱湯適量
で生地を作りました。

製麺機で押し出すとこんな感じ。
思ったより太かったので
もう一回製麺機に入れて、パーツ交換して細麺にしました。

両面に焦げ目を入れて

あんかけ焼きそば風に・・・
ストリングホッパー製麺機見た時に
思ったのが冷麺かあんかけ焼きそば。


味は大変おいしかったのですが。
焦げ目をつける前に
一度蒸していたので
麺と麺がくっついて
餅状になってるところがありまして。
麺というより
大好物の中華おこげの味わいになりました。
ホントまさに中華おこげ。
直接油に落とせばよかったかも。
あるいは麺に油を含ませるとかして
くっつき対策が必要。

こんな感じでお湯や油に入れないといけないのでしょう。
打ち粉でもよいけど

焼肉の名門 天壇 自慢の逸品 手練り冷麺


器具内の残留物がこんな感じ。


参考文献

過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
Office Uno Column