ワタクシ(九州支部長)が4年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

米粉バナナケーキ


こちらのレシピを参考に
水をバナナに代え、砂糖を減らしました。


 何でバナナか?というと


そこにバナナがあるからさ・・・・
Because it's there.
と答えるしかないですね。フッ・・(決まった)


ま。安売りバナナがテーブルの上で
朽ちていくのを黙ってられなかったからなんですけどね。


6本49円のバナナ3本

米粉150g
油45g
ベーキングパウダー8g
砂糖30g
水適量(生地を程よく伸ばす)

180℃オーブンで45分~50分

耐熱皿底面の部分のカリカリに焦げたバナナの甘味が最高。
これはカリカリに焼くのがおすすめです。


基本ができてないのにすぐアレンジする
ワタクシ(九州支部長)です。
多分、近いうちに失敗するでしょう。


型をしっかり覚えた後に”型破り”になれる
あちゃー
耳が痛い。


ワタクシ(九州支部長)がイマイチ伸び悩んでいるのは
「型 」をおろそかにしているからだと思います。
「道」と言い換えても良いかもしれません。



腸を安静にし、お腹が痛くならない低フォドマップ食の基本はこちらの文献が参考になります。

過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
Office Uno Column

低フォドマップ食の型を覚えましょう。
そこに低フォドマップ食がある限り。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。