ワタクシ(九州支部長)が4年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

チーズフォンデュ


こちらを参考に
チーズフォンデュ作りました。


ワイン、チーズ、ブラックペッパーのみ。
チーズはゴーダ
炭水化物量が奇跡の0g表示の物。


チーズは細かく切って薄く片栗粉まぶす。
ワインで少量ずつ溶かす。
レンジでチンしながら
分離しないように混ぜる。


チーズ食べられると
結構広がるよね。

ソーセージは「香辛料」の表示以外はOKなもの。

ワタクシ(九州支部長)は
写真が下手くそですね( ;∀;)
センスないわ。


腸を安静にし、お腹が痛くならない低フォドマップ食の基本はこちらの文献が参考になります。

過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
Office Uno Column