ワタクシ(九州支部長)が4年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

スポーツにいそしんでいたころの話2

小中学校のころからスポーツしていた
ワタクシ(九州支部長)です。


小学校のころよりお腹が弱く
中学生になったころには
薄々、食べ物とおなかの関係に気づいていました。
自分自身もスポーツ中にお腹が痛くなることが多かったので
スポーツ中継を見ている時に
腹痛で棄権する選手を見ると
「あ。ワタクシ(九州支部長)と同じだ」
と思っていました。


マラソン選手が
「オリジナルドリンク」を作っている
という話を聞いて
その中身が
ワタクシ(九州支部長)がお腹を壊すものばかりで
びっくりしたことがあります。




箱根駅伝は
選手の体が心配で、精神論的なところがあるので、あまり好きではありませんが
給水が「水」ということで安心しました。
もしかすると高フォドのスペシャルドリンクを使っていないから
奇跡的な走りが出るのでは?とも思えます。
奇跡は精神論じゃないんじゃないの?と思います。



サッカーも基本的には「水」のようです。



つば九郎はヤクルト飲み放題だそうです。



クックパッドで

見つけました。この長友はあの長友です。多分。
アーモンドミルクは低フォド(商品による)
モモは高フォドです。
これを飲んでしまったら
IBS患者はサッカーどころじゃありません。


これを低フォドにするには
桃ではなく
〇きバ〇〇
ですね。


IBSなスポーツ選手は
こちらを参考に

過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
Office Uno Column