ワタクシ(九州支部長)が長いこと実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ食」の効果 #低フォドマップ食 #過敏性腸症候群

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

高フォド対決!

アーモンドミルクは低フォドマップという
本会以外の情報から
高フォド材料添加のアーモンドミルクを飲んでいる方々が心配
アーモンドミルク以外も似たような感じ
誤った情報を流すのはやめましょう。
ワタクシ(九州支部長)です


時には高フォド
コーヒーゼリーはコーヒーと砂糖ならよいですが
プロの作るコーヒーゼリーってどうなのかしら?
個人的には欲求として高フォドを食べなくても良いのだけど
「低フォドは制限が多くて無理!」と言っている人もいるので
「やれまっせ」という事を示すために
取り入れているわけ。



正しい情報は

修正情報は
こちら


本会会員正式blogは
宇野コラムのサイドバーよりおねがいします
それ以外の情報は本会とは関係ありません
なお、本会会員を名乗るアカウントがありますので注意。
会員ナンバー20は存在しません。
低フォドマップ食について動画など情報発信している人もいますが
商標等お気を付けください。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

コメントは必須項目です。