ワタクシ(九州支部長)が4年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

生春巻きで低フォドりましたよ。

ライスペーパーは低フォドです
ライスペーパーは、大きめのスーパーなら売ってます。
今まで5,6種類ですが、確認したものは、すべて、低フォド原材料で作られていました。
モノによっては、低フォド以外の材料を使用している可能性もあるので
購入時はよく確認してください。


低フォドマップ食実践、食材の確認には
こちらを参照してください。

過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
Office Uno Column


さて、ワタクシ(九州支部長)の生春巻きですが
超適当です。


生春巻きに
低フォドの野菜類(パプリカ、レタス、キュウリなど)
肉類を塩コショウで下味をつけて焼いたもの(エビが大丈夫な人はエビでもOK)
マヨネーズ
ナンプラーや醤油、コショウ、ごま油、酢(ライムやレモンなど)を適当に混ぜたタレ



材料を水で戻したライスペーパーに巻いて、タレをつけて食べます。

ライスペーパーはさほど量を食べなくて済む・・と思いきや
平気で100g程度は食べてしまうので
糖質摂取には気を付けようと思いました。
おそらくタイ米を使用しているので
日本のお米を食べるよりは太りにくいとは思いますが。



ライスペーパーはメーカーによっては
癖のある香りがするものがあります。
ワタクシ(九州支部長)は、その香りがやや苦手なので
香り少なめのライスペーパーを使ったり
タレで香りを相殺したりして食べています。