ワタクシ(九州支部長)が4年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

日本人には日本人の低フォドマップ食


みなさん
今日もフォドってますか?
ワタクシ(九州支部長)は
「フォドってる」で流行語大賞を狙います。
さて。


今日は知人からスタバのタダ券なるものをもらいましてので
贅沢にもスタバにコーヒーを飲みに行きました。
コーヒーは好きで、自分でドリップして飲むのですが
「恥ずかしながらワタクシ(九州支部長)はスタバに行くのは2回目であります!」
と敬礼して支部長夫人に同行してもらって入りました。


*FODMAP的にはコーヒーはOKですが
コーヒーなどの嗜好品、刺激物は一般的にIBSにはよくないとされていますので注意してください。


いただいたタダ券は「グランテ」サイズというもので
持ち込みの水筒に入れるもの(タンブラーっていうのか?しゃれた言い方は?)
なんと480CC!!
一気に飲むのはきつすぎる量です・・
欧米の方は平気で飲むのでしょうね・・
そういえば、映画なんかで出てくるビジネスマンが、オフィスに持ち込むコーヒーのサイズでかいですもんね。


「うーん・・こんな量を飲める欧米の人と絶対ケンカしちゃいけんなあ・・・」
と思うと同時に
「欧米のFODMAP基準は日本人には合わないだろうな・・」
と考えた九州支部長でした。
日本人には日本式の低フォドマップ食ですね

過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
過敏性腸症候群の低フォドマップ食(FODMAP)
Office Uno Column

スタバといえばちょくちょく映画に出てきますが

2-2 Coffeeshop-chain : I am Sam - starbucks
そのなかに
サムのいう
That's a wonderful choice!
セリフがあります。


ワタクシ(九州支部長)はIBSの皆さんにも
ワンダフルなチョイスをしていただきたいです。


ワンダフルなチョイス=低フォドマップ食です。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。